元ヴィジュアル系バンドマンによる自由奔放な発信コーナー【かずろっく】Vol.004

kazurock

元ヴィジュアル系バンドマンが立ち上げたfacebookのコミュニティグループ【介護業界に革命を〜自由な発想を投稿に〜】管理人BIGBOSS小柴がゆる〜く語ります

[ビジュアライブ コラム 第3回 ]

このコラムも3回目になりました!
今回も宜しくお願い致します。

私は介護職で役職を任されるようになってから、本を読むことを始めました。
読書は最高のコスパ自己投資です。たくさんの方の思考に触れることで、自分なりに解釈し、ビジネスやプライベートで活かしています。
その中でも、バンド時代からずっと大切にしている本があります。

私がバンドを始める最大のきっかけとなった
ロックバンド、GLAYのリーダーTAKUROさんが初めて書かれた本「胸懐」です。
GLAYというバンドがどのように誕生したのか、リーダーとして何をしてきたかなど、詳しく想いを書かれています。
購入したのは私が中学生の時!発売してすぐ購入しました。当時は読書が苦手で、基本、買うことはなかったですが、初めて自分の意思で買った本だと思います。

この本はバンド時代に行き詰まった時、仕事でも戸惑った時、よく読んでいました。私にとって
人生の教科書のようなものです。GLAYというバンドがなぜあんなにも長く愛され、第一線で活躍されるのか。ヒントもたくさんありました。

介護の仕事は、介護サービスを使って頂く利用者様に良いケアを提供するのに、チームケアは必ず必要になります。
長くバンドをまとめて来たGLAYのリーダーTAKUROさんの言葉は響くものだらけです!
最近は本棚に置いてありますが、また何かで行き詰まった時は、この本を開くことがあると思います。
本って、同じ内容でも自分が歳を重ねると違う解釈になる、まるで歌詞と同じ感覚です!
そんな感じで本って奥が深いですよ!

バンド時代はファンの子にライブや音源で、「明日も仕事頑張れます」とか「受験勉強頑張ります」とか声を頂き、少しでも勇気を与えられる存在になれたことを嬉しく思っていました。
今は、利用者様やそのご家族様に笑顔になって頂くこと、部下の成長を見届けることにやり甲斐を感じながら、介護の仕事をしています。
ただ、介護業界はこれからが正念場です。

高齢化なのに、人手不足!これを少しでも解消したい、介護業界に興味を持ってもらいたいと思い、Facebookでコミュニティグループを立ち上げました。専門的な話ばかりではないので、
興味があれば参加しやすいコミュニティグループだと思います。是非、未来の仲間を待っています。

次回第4回もお楽しみに☆

Facebook介護コミュニティグループ
介護業界に革命を〜自由な発想を投稿に〜
https://www.facebook.com/groups/1098219584308814/?ref=share

 

プロフィール


小柴 和尊
facebookコミュニティグループ【介護業界に革命を〜自由な発想を投稿に〜】管理人


kazu
元ヴィジュアル系バンドでギター弾いてました。