【Scarlet Valse】Kakeruからの、コロナ禍だからこそ伝えたい想い。第一弾!

Interview

 Scarlet ValseのヴォーカリストのKakeruが、今、一人のミュージシャンとして世の中に伝えたいメッセージ。それを3回に渡って紹介したい。第一回目は、「ミュージシャンであること」について熱く語ってくれた。

――今、一人のミュージシャンとして強く伝えたい想いがあることから、今回の場を用意させていただきました。

Kakeru ありがとうございます。コロナ禍以降、我々ミュージシャンはいろんな選択肢をせまられれば、その中で一人一人がさまざまな答えを導き出しては、それぞれに対応しています。
Scarlet Valseは今、「コロナ禍だからこそできることがあるじゃないか?」という意志や考えのもと、いろんな試みを行なっています。それは、他のミュージシャンたちだって、同じこと。まず、先に伝えたいのが「俺らはミュージシャなんだから、たとえコロナ禍だろうと音楽活動を止めることはしないし、活動を辞めない」ということ。
今も、いろんな人たちが音楽活動を行なうことについてあれこれ言ってくる。でも、俺らミュージシャンは音楽を職業として選んで生きてるんだから、世間の声なんかには負けねぇし、同じ仲間たちにも負けないで欲しいと言いたい。

――身近でも、コロナ禍以降音楽活動を辞めてしまった人は…。

Kakeru 止めている人も、辞めた人もいます。我々の置かれている現状をよくわからずにワーワー言ってる人たちは、今もいる。それが政治家やマスコミ、世の中の人たちだろうが、それでもみんなの中に好きな音楽ってあれば、それに心励まされたことってきっとあるはず。昔、こういうバンドやアイドルが好きだったなど、今を生きている人たちの誰もが少なからず音楽に活かされてきた面はあると俺は思ってるし、俺は実際にそれを感じるんですよ。そういう人たちの不安に安心を与えるのも、やっぱし音楽の力なんです。だからこそ「音楽活動を止めちゃいかん」と思ってる。
今のScarlet Valseでは、自分らの音楽で元気や安心を届けられる範囲は小さいかも知れない。でも、今回のインタビューにしてもそうだけど、せめて届く範囲にいる人たちには「負けるなよ」という想いを、俺はScarlet Valseの音楽や行動を通して伝えていきたい。

――Kakeruさん自身、いろんな届け方を今、行なっているわけだ。

Kakeru 実践していることから今も模索していることまでを含め、Scarlet Valseの音楽活動を通してはもちろん、俺個人の活動を通しても音楽は届け続けている。今も、ライブに足を運びたくても、いろんな事情から行けない人たちはたくさんいる。そういう人たちにも、ミュージシャンが行動を起こすことで、離れていようと元気を届けることは出来る。それがライブという形でなくとも、俺が配信を通してしゃべることで少しでも繋がれる安心を感じてくれる人たちがいるのなら、俺はそうしていきたい。

――Kakeruさんは、ここ何年かは途切れることなくツイキャス配信をやっています。それも、一つの方法だ。

Kakeru そう。最初はただ知ってほしいとかそういう思いが中心にいましたけど、「47都道府県ツアー」を始めてからはとくに、一度出会って俺らのことを好きになってくれた人たちと、何時だって繋がっていたい想いを持っていたからこそ、せめて「語る」ことで互いの繋がりを感じ続けようと思うようになりました。昨年、緊急事態宣言が出たときに、「繋がりあう」大切さを改めて深く感じれば、配信の内容にも工夫を凝らし「馴染みの流しがやってくる居酒屋」のような形を取って俺はやり続けてきました。

――「馴染みの流しがやってくる居酒屋」とは?

Kakeru 以前から作曲のためにギターは弾いてたけど。Kakeruのやっているツイキャスの場という暖簾をくぐったら、そこにはアコギを手にしたKakeruがいろんな曲を歌いながら。ときにはリクエストに答えながら、いろいろと話しかけてきた。そんな場を織り交ぜて、今は配信をしています。正直、アコギに関しては今も練習中のように、ときどきミスもするけど。でも、それも含めリアルな自分を出しながら、俺も頑張ってるからみんなも頑張ろうよと言いたいんですよ。おかげで、すでに1200日以上、ツイキャス配信は続けてきたし、今も続けています。

――Kakeruさん自身は、何があっても活動を止めたくなかったわけだ。

Kakeru 俺らはミュージシャンとして生きてるのに、それを止めたらミュージシャンではなくなる。だから、止める止めないではなく、続けるのは当たり前のこと。たとえ、それがライブという伝え方ではなかったとしてもね。
昨年の緊急事態宣言下のとき、フッと東日本大震災当時のライブ状況を思い出したんですよね。あのときもお店が営業を自粛すれば、ミュージシャンたちも続々とライブを中止にしていった。もちろん、そういう環境の中でも活動を止めないライブハウスはありました。電力の問題から極力電力の消費量を抑えた形で営業しているところも実際にあったじゃないですか。それに、そういう不安が支配している環境だからこそ、音楽に救いを求めていた人たちも同じようにいたんですよ。当時の俺の意識は、場所さえ提供してくれれば、小さな薄明かりの中、生音ででも「不安を消したい人たち」のために歌っていこうって思った。当時の自分の考えは今でも正しかったって今でも思ってる。その気持ちが甦ってきたことも、「何があっても音楽活動を止めちゃいけない」「今はその形がライブでなくてもいい。その環境で出来ることをやるべきだ」という意志や行動に繋がっていったんだと思う。

――アーティストとして生きている以上、「じゃあ、自分は何が出来るのか」ということだ。

Kakeru そう。確かに、集客面での制限を含め、金銭的な理由もあって活動を萎縮してしまう事情も、俺らも経験してきたからわかるんですよ。だけど、目的はお金じゃない。俺らは音楽に生かされている人たち。そのミュージシャンが音楽をやらなくなったら、どーなるのよ。俺らはミュージシャンだけど、たとえ音を鳴らせなくてもいい。俺らが何かしら活動を行なうことで喜んでくれる人たちがいるのなら、それがロックじゃないですか。だから俺は、顔を見せながら「元気だよ、みんなも元気?」という想いを持って連日ツイキャス配信だってやっているわけだからさ。

TEXT:長澤智典

★インフォメーション★

2021年2月12日(金)恵比寿club aim
[未完の薔薇と少女のワルツ Vol.03]
Starwave Records presents

【開場 / 開演 】16:30/ 17:00
【出演】未完成アリス / Scarlet Valse
※コラボ企画あり
※ごちゃ混ぜセッションあり
【前売 / 当日】 ¥3,500/ ¥4,000(※D代別)
【チケット発売】
■A:eプラス
https://eplus.jp/sf/detail/3372950001-P0030001
※転売防止のため整理番号のスタートはランダムになっています。
■B:当日券
※バンド予約無し
入場順:整理番号順

2021年2月15日(月)
Scarlet Valse Valentine Day Special ONEMAN
[Pure gift for you~Valentine Day Ver.~配信ワンマン]
Starwave Records presents

【開演】20:00
【出演】Scarlet Valse
【前売 / 当日】 ¥3,000/
【チケット発売】
■A:eプラス
https://eplus.jp/sf/detail/3373130001-P0030001

2021年2月18日(木)高田馬場CLUB PHASE
[Starwave Fest Vol.23~レーベル設立11周年記念イベント~]
Starwave Records presents

【開場 / 開演 】16:30/ 17:00
【出演】XANVALA、未完成アリス、ラヴェーゼ、UNDER FALL JUSTICE、Scarlet Valse
OAセッションあり
【前売 / 当日】 ¥4,000/ ¥4,500(※D代別)
配信チケット 3,000円
【チケット発売】
■A:eプラス
https://eplus.jp/sf/detail/3366470001-P0030001
※転売防止のため整理番号のスタートはランダムになっています。
■B:当日券
※バンド予約無し
■配信チケットURL(チケット発売日2021年1月16日10:00)
https://eplus.jp/sf/detail/3369100001-P0030001
入場順:整理番号順