ViVのヴォーカリストHIROHIRO、解散ツアーの初日の仙台公演をインフルエンザで欠席!!

ViVのヴォーカリストHIROHIRO、解散ツアーの初日の仙台公演をインフルエンザで欠席!!

先にメンバーからの公式発表を以下へ掲載したい。

【※重要なお知らせ】

昨日より体調不良を訴えていたVo.HIROHIROが今朝病院に行き診断を受けたところ、インフルエンザ陽性反応が出ました為、ViV 解散ONEMAN TOUR 初日である2/4(土)仙台space Zero公演は、Vo.HIROHIROの出演が不可能となりました。
これを受けて、Gt.渉がギターヴォーカルを担当し、Ba.RAYJI、Dr.さゆきの3人で公演を行います。バンドメンバー4人でのViVを楽しみにして下さっていた皆様には残念なお知らせとなってしまった事を深くお詫び申し上げます。
尚、これに伴うチケットの払い戻し等は致しませんのでご了承下さい。

現在自宅療養中のVo.HIROHIROは、2/11(土)名古屋公演より復帰の予定です。また追って報告させて頂きますのでお知らせをお待ち下さい。

ViV一同

2月22日(水)にViVとしての活動へ終止符を打つことを発表。彼らと最後の触れ合いを持てる場が、2月4日(土)から始まる「ViV 解散ONEMAN TOIR 2017「絆」」だった。
本当に数少ない残されたメンバーとの接触の場だけに、この日、熱狂を持って最後の言葉を届けようとしていたファンも多かったに違いない。各公演ともチケットは「残少」と聴いている。何より、メンバー4人が各地のファンたちと顔と顔をしっかりと突きつけ、最後の「ありがとう」の言葉を直接届けることを楽しみにしていた。

だが、ヴォーカルHIROHIROがインフルエンザに罹り、ライブへの出演を涙ながらに断念。起きてしまったことはどうしようもない。先の発表にもあるよう、名古屋/大阪/東京の3公演はきっと完全体となったViVとして舞台の上に立っているはずだ。今は、そうなることを願いたいと希望的な言葉しか述べられない。

本来なら中止や公演延期という形を取るところだが、ViVは2月22日に4年間の歴史に幕を閉じることを4人で決めた。だからこそ、その言葉を貫こうと2月4日(土)仙台Space Zero公演へ3人で挑むことを決めた。急遽ヴォーカルを担うことになったギターの渉の負担も相当大きいだろう。
ただ、これだけは言っておきたい。HIROHIROの欠席を悲しむ気持ちは心の中へ閉まい、3人が全身全霊で届ける想いをしっかり受け止め、参加する方は全力であなた自身の気持ちを舞台上へ返していただきたいと。
 なんなら、一人一人がHIROHIROの変わりを担うヴォーカリストとなり、3人の演奏に合わせ歌い続けて欲しい。その悲しみさえも、忘れたくない最高の記憶に変えてもらいたい。

2月11日(土)の名古屋MUSIC FARM公演からは、きっとHIROHIROも復帰しているはずだ。とにかく本数は限られている。だからこそ、ViVの姿をしっかりと目撃してくれ。
ちなみに2月21日はHIROHIROの、解散の日となる2月22日はベースRAYJIの誕生日でもある。最後の最後に、2人に「生まれてくれてありがとう」「出会ってくれてありがとう」の想いも届けていただけたら幸いだ。

                              TEXT:長澤智典

ViV Web
http://vivofficial.com/
ViV twitter
https://twitter.com/ViV_0fficial?ref_src=twsrc%5Etfw
★LIVE情報★

●ViV 解散ONEMAN TOUR 2017「絆」
2/4(土)仙台space Zero
2/11(土)名古屋MUSIC FARM
2/18(土)大阪RUIDO
2/22(水)高田馬場AREA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。