コテ系に特化したフリーマガジン「V’ELONIKA」が創刊!!1月7日より配布スタート!!

velonika

ライブハウスやCDショップの棚にズラッと置かれている沢山のフリーペーパー。一冊一冊に特色があるように、自分の趣味趣向に合わせ持ち帰る楽しさもある。むしろ、無料である以上全種類持ち帰り、様々なバンドを知る手がかりしてもらえたほうが掲載になるバンドにとっても嬉しいこと。

来年1月7日から、また店頭に新しいフリーペーパーが並ぶことになる。いや、いただいた資料には「V系シーンで活躍するダークさ激しさ妖艶さを持ったバンドをフィーチャーした音楽雑誌。V’ELONIKAという造語の由来はVの響きを持つ美しい女性のイメージから」と記してあるように、無料の音楽雑誌(フリーマガジン)と捉えたほうが良いだろうか。
「奇数月の7日」に発行になるV’ELONIKAはダークでラウドな、いわゆる「コテ系」バンドに特化した!?フリーマガジンになる。その手の音楽が好きな人たちには良い情報源となるだろう。

創刊号となる1月7日発行の「V’ELONIKA Vol.1 2017年1月号」。巻頭を飾るのが、1月27日にTSUTAYA O-WESTでのワンマン公演を控えているSAVAGE。巻末には、1月28日に池袋EDGEで原点回帰単独公演を行うSynk;yetが登場。中のページには、実は仲の良いこんなバンドマン「V’est Friends」と題し、ARYU(MORRIGAN)×rui(Misaruka)の対談も掲載になっているように、コテ系好きな人のツボを突いたコーナーも用意されている。
詳細は、以下のデータ部分を参照して欲しい。店頭に並んだら、まずは手にして見るのも良いだろう。

TEXT:長澤智典

・雑誌コンセプト
V系シーンで活躍するダークさ激しさ妖艶さを持ったバンドをフィーチャーした音楽雑誌。
V’ELONIKAという造語の由来はVの響きを持つ美しい女性のイメージから。

・発行
奇数月7日発行のフリーマガジン。全国のライブハウス、CDショップ、雑貨店等に設置。

【表紙】
SAVAGE
巻頭特集スペシャルインタビュー
【裏表紙】
Synk;yet
巻末インタビュー
□アーティストインタビュー
バラライカ
SHAPE SHIFTER
シュヴァルツカイン
ラヴェーゼ
FIXER
□パーソナルインタビュー
アヴァンチック NOAH
□スペシャルメッセージ
Synk;yet 栞-shiori-
□実は仲の良いこんなバンドマン「V’est Friends」
ARYU(MORRIGAN)×rui(Misaruka)

オフィシャルサイト:
https://velonikamagazine.themedia.jp
オフィシャルTwitter:
https://twitter.com/velonikamagazin

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。