MIZTAVLAが始動単独公演にて示した“ヴィジュアル系の原点回帰”そして”三大予告”と は!?

miztavla

MIZTAVLAが始動単独公演にて示した“ヴィジュアル系の原点回帰”そして”三大予告”とは!?

2016年9月3日池袋EDGE、始動単独公演「カゲロウ」にて、ついにMIZTAVLAがステージを 披露した。 始まりを告げるSEが鳴り響く中メンバーが姿を表し、会場を埋めるオーディエンスと初めて 対面した瞬間、会場は熱い歓声に包まれた。

8月31日にリリースされた1st Mini Album 「アドラメレク」からの楽曲を中心に未収録 曲を交えて披露されたにもかかわらず、ステージとオーディエンスは冒頭から一体となり、 始動単独公演「カゲロウ」という一つの作品を作り上げていく。

身体を突き動かされる超攻撃的な楽曲のみならず、アダルティなJAZZサウンドや、一言一 言を慈しむように歌い上げるバラードが悲哀で会場を包み込み、続けて鳴り響くヘヴィなサ ウンドは観る者全てに暗黒の世界を想起させた。

そして紫煙に染まった会場をロックサウンドが切り裂き、会場のボルテージは一気に最高潮 へ。 Vocalリウキが紡ぐファンへの感謝の言葉を経て、”ヴィジュアル系”の王道を貫くサウンド を「Dear:from…」が示し、MIZTAVLA初の単独公演は幕を閉じた。

一つの世界観のもと、多彩な楽曲で様々な情動を曝け出すように表現されたステージは、ま さに彼らの掲げる”ヴィジュアル系の原点回帰”を示すものであったと言える。

更に本編終了後、スクリーンに映しだされた映像にて”三大予告”として、「渋谷某所での 一周年記念公演開催」「2nd Mini Albumリリース」「100名限定クリスマスパーティ ー」の決定が告げられ、詳細第一報が10月8日に開示されることが明らかとなった。

彼らの旅はまだ始まったばかりである。この先彼らが”ヴィジュアル系”というジャンルをど のように牽引していくのか、どのように高みへと昇華させていくのか、MIZTAVLAが示 す”ヴィジュアル系”の未来を期待せずにはいられない。

■リリース
・2016.06.06 無料配布音源「Dear:from…」

・2016.08.31 Release
1st Mini Album 「アドラメレク」
MIZT001 ¥2,100(tax in)
1. 「Untitled」 / 2. 絶望宣言 / 3. Psycho Creature / 4. 黒と赤 / 5. 喪失の雨

・2017.01.11 Release
2nd Mini Album
詳細後日発表

■ライブイベント
2016.09.26 mon 池袋EDGE
2016.10.02 sun 高田馬場AREA
2016.10.04 tue 池袋EDGE
2016.10.13 thu 4MAN LIVE 高田馬場club PHASE
2016.10.18 tue 高田馬場AREA
2016.10.27 tue 渋谷REX
2016.11.13 sun 高田馬場AREA
2016.12.19 mon MIZTAVLA 100名限定クリスマスパーティー 高円寺二万電圧
2016.12.27 tue 池袋EDGE

■インストアイベント
2016.09.19 mon 高田馬場 ZEAL LINK
2016.09.19 mon 自主盤倶楽部
2016.09.26 mon little HEARTS.新宿店

■MIZTAVLA OFFICIAL SITE
http://miztavla.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。