【ベル】HAPPY BOYことベル, 明弥の生誕祭は、甘い熱狂が支配したHAPPY PARTYDAY

ベル

4GのHAPPY電波が炸裂!!顔面横でケーキを受け止める様も??
HAPPY BOYことベル, 明弥の生誕祭は、甘い熱狂が支配したHAPPY PARTYDAY

2月7日(日)に高田馬場AREAを舞台にベルのベーシスト明弥の生誕イベント「ベル明弥生誕主催スリーマン公演『HAPPY BOY2』」が、ゲストにthe Raid.とChantyを迎えて行われた。
 トップを飾ったChantyが、ベルの明弥のため♪HAPPY HARTHDAY♪とメンバー全員アカペラで歌をプレゼント。the Raid.も、「明(弥)おめでthe Raid.」と親しみを込めた言葉を送っていた。

 満員の観客たちを相手に2バンドの作りあげた熱狂を受け、この日の主役ベルのライブが幕を開けた。
序盤から、『涙傘』や『夕立ララバイ』『バイバイ』とベルらしい哀切浪漫な歌を披露。どの歌も哀愁味を帯びてるとはいえ、3曲とも跳ねた曲調のように、心のスクリーンへはむせび泣く様を映しながらも、場内は、声を張り上げ全力で飛び跳ねてゆく人たちに支配されていたように、早くも熱狂に溺れたい人たちが全力で騒ぎ続けていた。

 中盤では、躍動的な『ノンフィクション』に加え、2月17日に発売する1stアルバム『歌謡サスペンス劇場』の中から、昭和歌謡の香りを染み込ませた、心を刹那色に染める哀愁レト(ロ)浪漫な『さようなら僕だけの人』。躍動的な演奏ながらも、胸をグッとつかむ哀愁浪漫な歌メロへも心が魅了されゆく『RED』をいち早く披露。
 『RED』に至っては、ヴォーカルのハロより、事前に「頭では、何かを取ろうとするよう手を上げてジャンプして欲しい」「Aメロからはサイドステップを」「サビでは身体を曲げながら手をくるくる振りまわして欲しい」というお願いがあったことから、誰もが初見にも関わらず、激しく疾走した歌謡ロックナンバー『RED』に合わせ、先に記した振りをしながら、熱いエナジー放つ楽曲に嬉しく溺れ続けていた。
                          
MCでは、「たくさんの人たちにお祝いしていただいて、ありがとうございます」と明弥が愛(挨)拶すれば、「おじさんになってもベースを弾きたいし、ベルを続けたい」と舞台上で宣言。それだけを書くと格好好いが、他に話していたのが、「4GのHAPPY電波を発信している」やら脈絡の見えない話。その親しみやすさ?!も明弥クオリティ?!

メンバーコールのコーナーでは、明弥以外のメンバーが明弥のためにHAPPY BIRTHDAYの歌を次々披露してゆく場面も。さらに、主役の明弥自身が「HAPPY BIRTDAY TO ME」と歌ってゆく姿まで登場。
後半戦では、軽快に弾む演奏に合わせくるくる廻りだす人たちも登場した『厚化粧の女』。誰もがタオル振りながら♪WOW♪WOWOW♪と絶叫、ギラギラとした妖しく艶めいた演奏が場内に極彩色の宴を描き出した『音見世ディスコ』。満員の観客たちがタオルや手をぶんぶん振り廻しながら熱狂した『スローエモーション』を披露しながら、止まぬ熱狂を描き続けていた。

アンコールでは、ハロとパートチェンジする形のもと、この日の主役である明弥がヴォーカルを担当。「この歌をお前に届けるぜー!!」と叫びながら、哀愁歌謡浪漫な『ビードロ』を、攻めゆく姿勢のもと凛々しく歌いあげていた。終始動きまわりながら歌っていたのは、緊張を隠すため??。途中、ギターの夢人と絡み合う場面も。ちなみに明弥の左手にはスマホが…。あえてここで使用意図は書きませんけどね(笑)。終盤には、大好きなバンドのヴォーカリストの物真似や声真似も加えて歌う場面も登場。そのはしゃぎっぷりに、明弥の意外性を持った一面を実感。

最後は、会場中の人たちが大きく手の花を咲かせ、熱気あふれた空間の中で跳ね続けた『やってない』を演奏。サビでくるくる手の花咲かせてゆく風景の、なんて艶やかなことか。途中、the Raid.から由羽と白鳥姿の一陽、Chantyから千歳と野中拓が乱入。野中拓は明弥に変わってベースを演奏。何時しか場内はグチャグチャな、でも、くしゃくしゃの笑顔で騒ぎ続けた熱狂の宴を作りあげていた。枠を壊したその楽しさこそ、破天荒?!な性格の明弥に似合う風景だ。

最後に、明弥のためにケーキが登場。会場中の人たちからの祝福を受け、さらにメンバーらからの煽りを受け、プレゼントされたケーキを顔面…ならぬ左耳でキャッチしていたことも報告しておこう。

明弥の生誕祭を軸に据えながら、ベル/Chanty/the Raid.ともに最後の最後まで仲良い関係のもと楽しんだ今宵のライブ。ファンたちにとっても、メンバーらの無邪気なはしゃぎっぷりが嬉しいプレゼントになったのは間違いない。

                                                      TEXT:長澤智典

——セットリスト——
『涙傘』
『夕立ララバイ』
『バイバイ』
MC
『さようなら僕だけの人』
『ノンフィクション』
MC
『RED』
『厚化粧の女』
『音見世ディスコ』
『スローエモーション』
-ENCORE-
『ビードロ』(明弥ヴォーカル)
『やってない』

ベル Web
http://www.belle-web.info/

★ライブ情報

2/27(土)名古屋ell.SIZE ベル初東名阪ワンマンツアー『THE平成歌謡ワンマンショー~名古屋編~』
2/28(日)心斎橋CLAPPER ベル初東名阪ワンマンツアー『THE平成歌謡ワンマンショー~大阪編~』

グランドファイナル
5/5(木・祝)東京キネマ倶楽部 ベル初東名阪ワンマンツアー『THE平成歌謡ワンマンショー~東京編~ハロ生誕記念』

★リリース情報

2016年2月17日発売
-歌謡盤-
「歌謡サスペンス劇場」
全15曲入り
¥3.000(税別)

-サスペンス盤-
「歌謡サスペンス劇場」
全14曲+MV「さよなら僕だけの人」収録
¥3.500(税別)

「さようなら僕だけの人」MV SPOT
https://youtu.be/bRE4Nm1lN08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。